[WordPress] 子テーマの作り方としくみ

WordPress

WordPressで使うテーマをインストールしたら、まずは子テーマを作ろう。
複数人で作業していて、後から必要に迫られて子テーマを作ろうとすると大変なことになる。今はいらないかもしれないけど、後々いるかもしれないよ。

スポンサーリンク

子テーマの作り方

  1. 親テーマと同じフォルダ(/wp-content/themes/)に、子テーマ用のフォルダを作成
    フォルダ名はなんでもいいが、分かりやすいよう「親テーマ名-child」とする
    例えば、テーマが「Hoge」だったら「Hoge-child」となる
  2. 子テーマ用のフォルダ(/wp-content/themes/親テーマ名-child/)内に、style.cssとfunctions.phpを新規作成する
  3. 作成した2つのファイルそれぞれに以下を書く

    style.css
    /*
    Theme Name: Hoge Child
    Template:   hoge
    */
    Theme Name : 子テーマの名前
    Template : 親テーマのフォルダ名(例えば、テーマ名が「Hoge」でも、フォルダ名が「hoge」だったら「hoge」と書く)

    子テーマとして認識されるために、この2つ(Theme NameTemplate)は最低限書かなくてはならない。
    他にも、Version:Author:Theme URI:License:Description:などを書いてもいい。

    functions.php
    <?php
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
    function theme_enqueue_styles() {
      wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
      wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style') );
    }

    最後に「?>」は書かない

    これで、WordPressのテーマ選択のところで子テーマを選択できるようになった。

  4. 管理画面 → 外観 → テーマで子テーマを有効化する。

デザインとか何かをカスタマイズをするときは、必要なファイルを親テーマからコピーして、子テーマに貼り付ける。または、子テーマに新規ファイルを作成する。そして、子テーマ内のファイルを編集して使う。(親テーマフォルダにあるファイルを編集したり、手を加えないこと)

なぜ子テーマを作るのか?

テーマをアップデートすると、ファイルが上書きされて、修正した部分が消えるため。(=実質、テーマのアップデートができなくなるということ。アップデートする度に、全ての修正箇所を自分で追記しなくてはならない。)

子テーマの仕組み

子テーマはどのように使われているのか?
style.cssとfunctions.phpとその他のファイルで使われ方が異なる。

style.cssの仕組み

style.cssは、「親テーマ」→「子テーマ」の順に読み込まれ、親テーマのstyle.cssの内容に、子テーマのstyle.cssの内容が追加されていく

このサイトのテーマはLuxeritasを使用していて、H2タグの初期状態はこうなっている。

original-h2tag
Luxeritas original h2tag
親テーマのstyle.cssにこう書かれている
.post h2 {
	border-left: 8px solid #999;
	font-size: 24px; font-size: 2.4rem;
	padding: 8px 20px;
}

例えば、H2タグの見出しを下線をつける場合、子テーマのstyle.cssにこう書く。

.post h2{
	border-bottom: 2px solid #000;
}
すると、もとのスタイルに下線が付け足される。 親テーマのスタイルに、子テーマのスタイルが付け足されていることが確認できる。
custom1-h2tag
custom1 h2tag

親テーマからきている左のグレーのボーダーを消すには、子テーマに消すためのコードを書く必要がある

.post h2{
	border-bottom: 2px solid #000;
	border-left: none;
}
border-left: transparent;でもいい
custom2-h2tag
custom2 h2tag

functions.phpの仕組み

functions.phpは、「子テーマ」→「親テーマ」の順で読み込まれる。
親と子のfunctions.phpに、同じ名前の関数があるとエラーとなる。親の関数を書き換えたい場合は、親テーマに「子テーマに同名の関数があれば、子テーマの関数を使用する」というコードを書いておかなければならない。

その他のファイル

style.cssとfunctions.php以外のファイルは、基本的に「親テーマ」 → 「子テーマ」の順で読み込みにいき、子テーマに親と同じファイルが存在していれば、子テーマのファイルが使われる。
子テーマに必要なファイルがなければ、親テーマのファイルが使われる。 (なので、親テーマのファイルを子テーマにコピペする必要がある。空ファイルを子テーマに置くと、空ファイルがつかわれしまう。)

Posted by Agopeanuts