[SAA 対策] AWS サービス制限数一覧

2019-12-30環境AWS,SAA

SAA ( ソリューションアーキテクト – アソシエイト) 試験勉強中に出てきた AWS サービスのデフォルト制限値のまとめ一覧。
この制限値を超える場合には、上限緩和申請が必要となる。
現在、 AWS では「制限」のことを「クォータ」と呼ぶ

スポンサーリンク

Elastic IP アドレス (IPv4)

1 リージョンあたり : 5

VPC

1 リージョンあたりの VPC の数 : 5
1 VPC あたりのサブネットの数 : 200

Amazon VPC の制限

IAM

1 AWS アカウントにつき作成できるユーザー数 : 5000
1 AWS アカウントにつき作成できるグループ数 : 300
1 IAM ユーザーが所属できるグループ数 : 10
1 IAM ユーザー・ロール・グループにアタッチできる管理ポリシー : 10
1 IAM ユーザー・ロールにアタッチできるタグの数 : 50

IAM および STS の制限

EC2

オンデマンドインスタンス

2019 年 11 月 8 日 までは、 1 リージョンごとに 20 個 ( 2019/3/5 の Black Belt Amazon EC2 でそう書かれている。 )

現在は、 vCPU ベースの制限となっている。
AWS EC2 管理画面の「制限」をクリックすると、現在の制限数が確認できる。

Q: vCPU ベースの制限とはどのようなものですか?

AWS アカウントでの 1 つ以上のオンデマンドインスタンスの実行は制限されています。Amazon EC2 は、 AWS アカウントで実行中のオンデマンドインスタンスに割り当てられた 総 vCPU (仮想中央演算処理装置) 数に基づき、各制限に対する使用量を測定します。次の表は、各インスタンスサイズの vCPU の数を示しています。インスタンスタイプにおける vCPU のマッピングは異なる可能性があります。詳細については、Amazon EC2 のインスタンスタイプを参照してください。

Q: Amazon EC2 で実行できるオンデマンドインスタンスの数はどれくらいですか?

5 つの vCPU ベースのインスタンス制限があり、特定のインスタンスファミリーの使用できるキャパシティの量をそれぞれ定義します。ジェネレーション、サイズ、またはバリアント設定 (例: ディスク、プロセッサータイプ) に関係なく、特定のインスタンスファミリーの使用量はすべて、下記の表に記載されているファミリーの総 vCPU 上限に追加されます。新規の AWS アカウントでは、当初この上限よりも少ない数に制限されることがあります。

EC2 オンデマンドインスタンス制限

リザーブドインスタンス

1 ヶ月あたり、アベイラビリティーゾーンごとに 20 個

スポットインスタンス

スポットリクエスト制限 : リージョンごとに 20 個

Posted by Agopeanuts