Liquid Web 上でサイトを構築する方法

開発環境系

ホスティングサービスを行う Liquid Web でサイトを構築する方法。
今回はペライチのページを作るだけだったが、WordPress も簡単に構築できそう。

  1. ココからログイン

  2. ①をクリック(クリックする前は + マークになっている)後、②をクリック

    liquidweb cloud sites login page
    liquidweb_cloud_sites_login
  3. 「Create Website」をクリック

    liquidweb websites list page
    liquidweb websites list page
  4. ドメイン名と、その他必要な項目を入力し、「Create New Website」をクリック
    サブドメインではない場合、勝手に頭に www. がつく

    liquidweb create website
    liquidweb_create_website
    Application の項目は以下から選択が可能
    • None
    • MediaWiki
    • Drupal
    • WordPress
    • Joomla
    • phpBB
  5. 〜 successfully みたいなメッセージが出たらサイト作成完了
    Website 一覧に表示されているので、ドメイン名をクリックし詳細画面へ

  6. DNS を設定するために必要な情報を確認する
    (通常は自動で DNS が設定されるかもしれないが、サイトができたときに「DNS が作れなかった」というエラーメッセージが出たので手動で設定する)

    liquidweb website detail page
    liquidweb_website_detail
    IP Address の箇所に「Show IP」というリンクがあるので、クリックすると IP Address を確認できる。これを A レコードに設定してもいいが、下記のメッセージも出てくる。 (画像の赤文字)
    We highly recommended you use the Domain Name Alias when configuring your DNS. This replaces DNS A Records and can help us keep your site protected from DDoS attacks.

    DDoS 攻撃を防ぐために、A レコードでなく、Alias の使用を推奨すると書いてあるので、Alias を使う。
    Domain Name Alias をメモし、IP Address をコピーまたはメモしたら、設定(ギザギザの丸マーク) → 画像の赤枠の「Manage DNS…」をクリック

  7. 画面中央部の CREATE A NEW DNS ZONE のとこの、Domain Name とコピーした IP Address を入力し、「Create New DNS Zone」をクリック

    liquidweb create new dns zone page
    liquidweb_create_dns_zone
  8. NS レコードに liquidweb_create_dns_zone.png にある「Liquid Web’s nameservers」の値を入力。
    「Add New Record」をクリックして、「TYPE : Alias」を選択し、先ほどメモした Domain Name Alias を入力し、レ点をクリック → 保存する

  9. ドメインを取得したサイトにアクセスし、DNS 設定の NS レコードに「Liquid Web’s nameservers」を入力する

サブドメインでサイトを作った場合は、親ドメインの LiquidWeb の DNS 設定に Alias レコードを追加すればいい

Posted by Agopeanuts