[jQuery] DataTables オプション設定

JavaScriptDataTables,jQuery

DataTables のオプションの設定方法。自分が使ったオプションをメモ。
DataTables にはオプションがたくさんあって、さらに Extensions とかプラグインなどを含めるとかなり色々なことができそう。

DataTables 公式ドキュメント – Options

スポンサーリンク

オプションの書き方

$('#sample').DataTable({
    scrollY: 400,
    searching: false,
    columnDefs: [ { orderable: false, targets: 1  } ]
});

オプションを複数設定するときは、カンマ ( , ) で区切る。

オプション設定

検索窓非表示

検索機能が無効となる。

searching: false

件数情報非表示

info: false
DataTables Information Option
DataTables Information Option

ページャー非表示

paging: false

ページャーの種類を指定

pagingType: "full_numbers"
"numbers"ページ番号ボタンだけ表示
"simple"「 Previous 」と「 Next 」ボタンだけ
"simple_numbers"「 Previous 」と「 Next 」とページ番号ボタン
"full"「 First 」「 Previous 」「 Next 」「 Last 」ボタン
"full_numbers"「 First 」「 Previous 」「 Next 」「 Last 」とページ番号ボタン
"first_last_numbers"「 First 」「 Previous 」とページ番号ボタン

件数切替プルダウン非表示

lengthChange: false
DataTables lengthChange Option
DataTables lengthChange Option

件数切替プルダウンの件数変更

5 始まり

lengthMenu: [ 5, 10, 15, 20, 50 ]

初期表示件数

displayLength: 25

ソート無効

ordering: false

初期時に特定のカラムでソートさせておく

カラムの順番は 0 から始まる。

"order": [[ 3, "desc" ]]

ソートするカラムを複数指定する。

"order": [[ 0, 'desc' ], [ 1, 'asc' ]]

ソートなし

"order": []

特定のカラムでソートさせない

方法 1 columnDefs: を使う。

columnDefs: [
  { "orderable": false, "targets": 0 }
]

方法 2 columns: を使う。

columns: [
  { "orderable": false },
  null,
  null,
  null,
  null
]

列幅

columnDefs: [
  // 1, 4 列目の幅をピクセルで指定
  { targets: [0,3], width: "10px" },
  // 5 列目の幅をパーセントで指定
  { targets: 4, width: "30%" }
]

列幅の自動調整無効

autowidth: false

特定のカラムを非表示

非表示にしても、検索や初期表示時のソートができる。

columnDefs: [
  { targets: 2, visible: false },
]

サンプル

See the Pen DataTables Option1 by AgoPeanuts (@AgoPeanuts) on CodePen.

Posted by Agopeanuts