[AWS] EC2 インスタンスのコピーを作成

環境AWS

AWS の EC2 インスタンスの複製は、 AMI ( Amazon Machine Image ) から EC2 を新たに起動という手順で行う。 (「コピー」ボタンをクリックみたいな方法はない。)

EC2 インスタンスを複製したい場面は結構ある。テスト環境の構築はもちろん、 VPC 、アベイラビリティーゾーン、サブネットを変更したい場合にもこの方法で行う。
( EC2 インスタンスは一度起動すると、 VPC 、アベイラビリティーゾーン、サブネットの変更はできないので、これらをやりたい場合には EC2 インスタンスを作り直さなければならない。)

スポンサーリンク

EC2 インスタンスコピー作成手順

以下の手順で行う。

  1. AMI の作成
  2. AMI からインスタンスを作成

AMI の作成


補足情報だが、 AMI とは、ソフトウェア構成のテンプレートで、オペレーティングシステム、アプリケーションサーバー、アプリケーションなどの情報が含まれる。要するに、コピー元インスタンスの中の、 Linux や Apache (設定ファイルに書いた情報含む)、これまで作ったファイルとか全部のデータを保持している。
(読んで字の如くだが、 EC2 インスタンスとは、 AMI (テンプレート)から作られたコピーである。)

EC2 ダッシュボードのインスタンス画面で、コピーしたいインスタンスにチェックを入れ、「アクション」→「イメージ」->「イメージの作成」を選択

ec2 dashboard
ec2 dashboard

イメージ名、イメージの説明(日本語不可)を入力
稼働中で再起動したくない場合には、再起動しない にチェックを入れる
「イメージの作成」をクリック

create AMI
create AMI

ステータスが available になったら完了

AMI からインスタンスを作成

AMI 画面で、作成した AMI にチェックを入れ、「起動」をクリック

select the ami and launch ec2
select the ami and launch ec2

[ステップ 3: インスタンスの詳細の設定] で、
ネットワーク : 使用する VPC を選択 ( VPC を変更したい場合は、ここで新たな VPC を選択)
サブネット : 使用するサブネットを選択 (サブネットを変更したい場合は、ここで希望のサブネットを選択)

ec2 instance settings
ec2 instance settings

[ステップ 6: セキュリティグループの設定]
アプリケーション・サーバー用とか EC2 用とか、用途にあったセキュリティグループを選択
(セキュリティグループは、ファイアウォールの役割なので、不要なポートは開放しない)
(セキュリティグループは後から変更可能)

ec2 configure security group
ec2 configure security group

キーペアをダウンロードして、「起動」をクリック
※ キーペアは既存のでも、新規でも構わないが、本番環境の移行であれば既存のものを使った方がいい

補足

必要であれば、以下の作業も行う。

(本番環境の移行とか) Elastic IP アドレスを、新しい EC2 インスタンスに割り当てる

( DB を変更するなら) SSH でログインし、 DB 情報を新しいものに書き換える ( phpMyAdmin も忘れずに。)

Posted by Agopeanuts